タイ 日本語教師

日本語教師としてのやりがい

私が日本語教師として働いていたのは2年前。 タイで仕事をしていた時のことです。 責任がいろいろとあり、常に授業の準備に忙殺され、他の人達が思うように想像以上に大変で体力のいる仕事です。 ですが私にとって教師の仕事は、大変だけどやりがいがあるものでした。 日本語をまったく知らなかった学生が文法を教えていて、「分かった」という反応があったり、日本語が日に日に上達していく姿を見ていると、この仕事をしていて本当によかったなと思うのです。 分からなくて困っていた子が次第に理解していく姿を見ていると仕事に対しての達成感がありますし、教科書に書いてあるような日本語を話していた学生が、私が自然に発した言葉を真似して宿題を出す時、「やだ!」「マジで!?」なんて聞こえてくると、とても楽しくなってきます。 また作文の授業で、学生が漢字を使って一生懸命に書いている姿を見ていると、頑張っているなと嬉しくもなります。 今は結婚を機に日本語教師を辞め、子供が出来て、専業主婦として日本で暮らしています。 タイでのある学校では、私のような日本人が日本語を教えるという機会があまりなく、日本語は知っていても、そこまで詳しくない子供達が多かったのです。 日本でも同じで、英語を教えるために外国の方が来るという機会がありますが、私が仕事をしていた学校では、とても小さな学校で子供達も貧しい子達が多かったのです。 そんな中で、私は日本語を教えていたのですが、子供達はだんだん私に心を開いてくれ、日本語も片言ではありますが、ある程度まで話せるくらいになったのです。 ある時、私は近くのクリーニング屋さんで自分の服を出していて取りにいった時、自分の服が破損している事に気づきました。 苦情を言おうにも、なかなか言う勇気が出ず困っていたところ、私の教え子の一人がたまたまクリーニング屋の近くを通りかかり、私に声をかけてきたのです。 その子は教え子の中でも特に日本語を覚えるのが遅く、元々勉強自体がとても苦手な子だったのです。 なので私は自身の授業が終わった後、その子と二人きりで、マンツーマンで勉強を教えていました。 根はとても優しく、同じ同級生の子に何かあると自ら手を差し伸べてくれる、そんな子だったのです。 教え子は「先生!」と手を振って近づいてきて、私が困っているところを察知したのか、私とクリーニングのお店の人の間に入り、片言の日本語を使って私に翻訳をしてくれました。 普段はまったく日本語を使わないにも関わらず、私を助けるために苦手な日本語を使って助けようとしてくれたのです。 なんとかその子のおかげで、クリーニング屋の人とのやり取りは無事解決。 その後、私はその子と話ながら帰り道を歩いていました。 実を言うと、私はその子の事が心配で、私が個人的にその子に声をかけてマンツーマンで勉強をしてみようと誘ったのです。 その子が他の子との学力の差が激しかったのが一番の理由です。 半分、強制的な感じで日本語を教えていたところがありました。 タイでは日本人の観光客や留学生が多く来たりします。 そのため、日本語はどんなに難しくても覚えていたほうが、いざという時の助けになると思っていたのです。 ですがその子にとっては、きっと迷惑だったのではないだろうかと考えていた時がありました。 この子の意思も尊重してあげるべきだったのかもしれない。 私はそんな不安を抱いていたのです。 帰り道、私はその子に「日本語の勉強は楽しい?」と聞きました。 するとその子は「難しいけど、楽しいです。」と答えてくれたのです。 どうやら日本語の勉強は嫌いではなかったそうで、むしろ新しいことを覚えるのは新鮮だと答えていました。 元々日本には興味があったらしく、いつか大人になったら日本に行ってみたいと話していたのです。 自分の両親が新婚旅行で日本に行ったことがあるという話を聞いて、それが理由で日本に興味を持ったのだと話していました。 そして私の教え方がとてもわかりやすく面白いそうで、マンツーマンで勉強を嫌だと思ったことは一度もないと言っていたのです。 私のその子と同じでした。 元々両親がタイに行っていたことがあり、私も小さい頃に何度かタイに遊びに来ていました。 その時にいつかタイで働いて暮らしたい、そういう気持ちが芽生えたのです。 教員免許を取り、夢だったタイでの暮らしが叶ったわけですが、教え子の話を聞いて本当にタイまで来てよかったと心の底から思いました。 もっとタイの人に、日本語の面白さを知ってもらいたい、人の役に立ちたい。 その思いで日本語教師になったのです。 教師生活は初めは凄く大変でした。 日本とは気候も違いますし、食文化も違います。 タイの環境で慣れるまではかなり時間がかかりました。 ましてや、私が仕事することになったのは、あまり日本人の教師が来ることのない小さな学校です。 どう説明すれば、日本語に興味を持ってもらえるか。 どういう授業をすれば、生徒達は日本語を理解してもらえるか。 異国の人達に、自分の生まれ育った国の言葉を教えるのは、日本にいるよりもずっと大変です。 ですが、毎日大変だとしても、その分喜びも大きいのです。 「難しいけど、楽しい。」 教え子からその言葉を聞いた時、今までの苦労が報われた瞬間でもありました。 このクリーニング屋でのことがきっかけで、その子は気軽に私に話かけるようになったのです。 しかも日本語で。 覚えるのに時間はかかるものの、それでも諦めずに勉強し続けた結果、その子は人並みに話せるまでになったのです。 気が付けば、日本語はその子にとってかけがえのない存在になっていったそうです。 その子と仲良くしながら、クラスの子供達に授業を教えている毎日を送っている中、私はある時日本に戻らなきゃいけなくなってしまったのです。 理由は結婚です。 私はタイで日本語教師として働いていた時、ひょんなことから日本人の男性と出会いました。 私の行きつけの飲食店で出会った方です。 たまたま話す機会があり、私達は意気投合。 お付き合いをすることになりました。 それからしばらく私達は付き合って、彼から正式にプロポーズされました。 私は快くそのプロポーズを受け入れたのです。 ですがそのプロポーズからまもなくして、彼の仕事の関係で、彼は日本に戻ることになったのです。 私達は話し合いの末、日本に行き、そこで暮らすことになったのです。 タイでの仕事に凄くやりがいを感じていたのもあり、最初は日本に行くのに凄く抵抗がありました。 ですが将来、自分が結婚した時には子供も欲しいと思っていたので、それを考えると日本のほうが安全で教育もしっかりしていると思ったのです。 タイを離れて日本に行くということを、生徒達に伝えたところ、皆涙を流して私との別れを惜しんでくれました。 教え子達には、まだまだたくさん教えたいことがあったのですが、それでも子供達は泣きながらも、私のこれからを応援してくれたのです。 本当に嬉しかったですし、子供達の強さを感じました。 クリーニング屋で助けてくれた子も私の事を応援してくれ、「いつか自分も日本に行けるよう頑張ります。」そう言ってくれたのです。 今では子育てに奮闘していますが、子供達の強さと純粋な気持ちに触れられるのは、日本語教師ならではだと思います。 日本語教師という仕事に関心のある方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてもらいたいと思います。