留学生 日本語教師

毎日が新鮮!生徒の質問に戸惑う日々

独身時代、日本語教師をしていたことがあります。
大学時代に日本語に関する授業を履修し、そこから興味を持って日本語教師を目指したことがきっかけです。
日本語教育能力検定試験を受け合格し、就職しました。
在宅で勉強したかったのですが、私の受験した頃は通信講座がなく、直前対策コースをやっている教室に通いました。
今だったら通信講座もあるみたいですね。
(日本語教育能力検定試験の通信講座についてはこちら)

 

最初はまさか自分が日本語を教えることになるとは思っていませんでした。
私自身、正しい日本語を意識した事はほとんどなかったですし、母国語として覚えた日本語の文法を1から覚え直す事はなかなか難しかったです。
しかし、外国人から聞く日本語の疑問を一緒になって考えていくうちに、日本語って面白いな、と考えるようになりました。

 

私は日本で留学生たちを対象に日本語を教えていました。
同じ日本語教師であっても、日本語を教える国によって様々な違いがあるようです。
例えば、日本で日本語を教えると様々な国籍の学生が集まりますから、それだけでもユニークになります。
また、中国で日本語教師をしていた友人の話によると、やはり中国は漢字を使う国ですから、学生が漢字を覚えるスピードはそれなりに早いそうです。
しかし、同じ漢字でありながら意味が全然違うと言うこともありますので、そのあたりはものすごく複雑なようでした。

 

日本における日本語教師の募集枠は決して多くはありません。
経験者の方が優遇される傾向にあり、給料は決して高くはありません。
どちらかと言えば時給計算に近いため、収入だけを考えると決して魅力的な仕事とは言えないかと思います。
また、収入が少ないために日本語教師の仕事で1日を支えようとする事はなかなか難しいです。
もしも夫婦で日本語教師であるならば、あまり問題は無いかもしれません。

 

大変な事は、やはり学生からの質問に答えることです。
日本に来ている学生たちは、驚くほど真剣に日本語を勉強しようとしています。
この姿は、むしろ日本で英語を勉強しようとしている学生とは比較になりません。
留学生たちが日本語を必死で学ぶ姿は圧巻です。
しかし、同時にとても鋭い質問が飛んできます。
文法の質問のみならず、例えば「頭を使う」という表現を教えれば、本当に文字通り頭を使おうとします。
子供と同じですね。
例えば、小さな子供がタンスをしまおうとしている時、なかなかうまくできない状態の子供に「頭を使いなさい」と言えば、子供は頭でタンスを押そうとします。
日本で日本語を勉強している留学生は、それと同じような状態です。

 

ですから、留学生に日本語を教えると言う事は子供に日本語を教えることと似ているかもしれません。
子供の場合はやはり考え方自体が子供ですから、鋭い質問をしてくるわけでもないし、素直に物事を受け止めます。
しかし、20歳前後の学生の場合、やはり曲がった考え方をしていることもありますから、たとえば先ほど述べたとおり「頭を使う」という表現であれば、なぜ頭なのか、なぜ頭を使うのか、誤解をしないのか、どうやって本当に頭を使うと言う事と工夫すると言うことを見分けるのかなど、鋭い質問をしてくるのです。
もちろん、年齢を考えれば当たり前のことなのですが、このような質問を聞いていると、自分の無力さを思い知ります。

 

もちろん、学生から質問を受けた場合、すぐに答えられない時は必死で調べます。
今はインターネットと言う便利なものがありますから、比較的簡単に調べることができありがたいです。
しかし、マニアックな質問は文献でなければわからないこともあり、日本語教師は日々勉強です。
勉強好きの人にはちょうどいい仕事かもしれません。

 

面白いこともたくさんあります。
海外では日本がどのように見られているのか、ということがよくわかります。
例えば日本のトヨタやホンダ、日産は海外でも人気ですが、なぜか日本はいまだに車がないと信じている学生がいます。
また、いまだに忍者がいると信じている学生は後をたちません。
忍者がいて車がないような国になぜ来る決断をしたのか、本当に不思議に思う時があります。
しかし、学生を見ていて思うのはどの学生も日本が大好きであると言うことです。

 

世界的に、日本語は複雑な言語であると考えられています。
もちろん、英語をしゃべる人は英語が世界で1番複雑であると考えていますから何とも言えませんが、少なくとも日本語には、ひらがなとカタカナ、漢字があります。
さらにアルファベットを使いこなしますよね。
生まれてこの方、アルファベットだけで生活をしてきた学生たちがひらがなとカタカナ、漢字を使い分ける日本語を勉強したいと感じるなんて、本当にすごいなと思います。
そして、日本語は決して世界で多く使われる言語では無いのです。
同じ外国語を勉強するなら、例えば中国語を勉強した方が世界的には通用するのではないか、と思うこともあります。
それなのに、わざわざ日本語を選んで、日本と言う国に来て、文化などを勉強しようとする学生たちは本当に驚きです。

 

日本語教師に限らず、おそらく教師と名のつく仕事をしている人ならば誰もが思うことだと思いますが、最初は全然何も分かっていなかった学生が、次第に様々なことを吸収し、様々なことを学んで卒業していく姿は感動ものです。
どの学生たちも海外から来ていますから、最終的には自分の国に帰っていきます。
もちろん、日本に残って勉強を続けたり、日本で就職をすると言う学生もたくさんいますが、それでも学生たちが巣立っていく姿を見ると、教師をしていて良かったなと感じます。
自分の国に帰っていく学生を見ると、次はいつ会えるのか、また今後会うことがあるのかなど、寂しく思うこともあります。
しかし、これこそが教師の醍醐味ですよね。
今はインターネットも普及しましたから、学生たちと連絡を取り合うことも簡単です。
もちろん学生たちが私たち教師と連絡を取り合いたがればの話ですが、多くの学生たちがSNSで連絡をしてきてくれるので、彼らが卒業した後も寂しくはありません。

 

日本語教師になりたいと思う人には、是非頑張ってもらいたいと思います。
日本語は複雑な言語ですから、勉強は簡単ではありません。
母国語としてしゃべっている言語は理屈なしに覚えたものですから、いざ他人に説明をしようとすると難しいですよね。
しかし、それらを説明できるようにならなければ日本語教師にはなれません。

 

日本語教師には様々な幸せな瞬間があります。
学生たちは本当に素直で、日本語を勉強しようと必死です。
そのような学生たちのおかげで自分も勉強することができ、今後教師は日々学習の積み重ねです。
中には調べていることの答えがなかなか出てこず、時間ばかりかかってしまうと言うこともあります。
しかし、質問をしてきた学生に回答をしたときの学生の喜ぶ顔は、調べ物をした時間と努力に値します。
このようなことを喜べる人ならば、日本語教師は向いているのではないかと思います。

 

日本語教師に限らず、教師ならば誰もが思わなければいけない事かと思いますが、ぜひ学生たちを誇りに思ってください。
確かに最初は日本語が全然しゃべれない学生も多いですし、質問の意味がわからないこともたくさんあります。
しかし、だからといってその学生たちを馬鹿にしてはいけません。
何度繰り返しても理解しない学生もいますが、それでもその学生たちを誇りに思ってください。

 

確かに日本語は世界で通じる言語ではありません。
しかし、日本は世界的な経済大国としてその存在を強めています。
つまり、日本は世界に大きな影響力を持っているのです。
そのことを自覚し、日本語を勉強したいと思っている学生たちに丁寧に対応してあげてほしいと思います。