日本語教育能力検定試験 費用

一番かかる費用は勉強代

勉強代は、つまり教材代と考えても良いでしょう。
完全独学であればテキストや問題集のみで、全て揃えて大体2万円ほど。
しかし、より確実な合格を目指すのであればやはり専門の講師に教われる環境に身を置くべきです。
その場合、通学では50万円前後、通信講座で12万円前後と考えて下さい。

 

独学に比べてかなり高くなりますが、年に一度しか実施されない試験です。
もし不合格だった時の時間的損失は計り知れないほど大きいもの。
費用は多少目を瞑って、より合格率の高い勉強をするべきでしょう。

 

通学はともかく、通信講座であれば独学と比べてもものすごく高いわけではありません。
金額にして約10万円の差になりますが、わからないことは全て自力で調べて理解しなければならない独学に対し、通信講座は講師に質問すれば明確な答えがすぐにもらえます。
このアドバンテージは金額以上の価値がありますよ。

 

また、通信講座では合格保証を付けているところもあります。
頑張って勉強したのに不合格になっても、合格するまでサポートを受けられるのであれば高い受講費用が無駄になる心配もありません。
もちろんそれには諦めないことが大前提なのを忘れないようにしましょう。

 

勉強代以外にかかる費用は、受験料です。
10,600円と決して安くない金額なので、何度も払うことにならないよう一発合格を目指したいものですね。