日本語教育能力検定試験 勉強 期間

全くの初心者からの場合

最短で3ヶ月ほどと考えて良いです。
「日本語教育能力検定試験 勉強期間」と検索してみるとわかりますが、3ヶ月で合格したとブログに書いている人がいます。
具体的な教材と勉強の流れも書いてあるので、参考になるでしょう。

 

日本語教育能力検定試験は日本語に関する幅広い知識を身に付けなければ合格できません。
それは試験範囲の広さを見れば想像がつくことでしょう。
3ヶ月で合格できると言っても、毎日寝る間も惜しんで勉強するくらい打ち込むことになるので、体力的にはかなり辛い思いをすることになります。
余裕を持って勉強したほうが、体力的にも精神的にも楽ですし、最短合格を目指すことはせずに半年〜1年はかけて勉強していくつもりでいると良いでしょう。

 

ただ、長めの勉強期間を確保すると、初めの頃に勉強した内容を忘れてしまいがちです。
復習する時間のことも考えながら勉強を進めていくように注意して下さい。

 

ちなみに、大学で日本語教育を専攻していた経験のある場合、1ヶ月程度の勉強でも合格する人がいるようです。
元々知識があるからこそできることなので、初心者には例え優秀な講師に教わったとしてもとても無理なこと。
試験まで2〜3ヶ月しかない状況で勉強を始めたならその年は諦めて、次の年に挑戦するくらいの余裕を持ちましょう。