日本語 教えたい 資格

どんな人にどこで教えるを考える前に

「日本語を教えたい」
それはつまり、対象は外国人に限定されることになります。
とは言え、色んな国、色んな年齢の人がいますし、また日本国内で教えるのか海外で教えるのか、それはあなた次第。

 

誰であれ、日本語を教えたいと思うのならまずは1つ資格を目指すべきです。
正確には資格と言うよりも、試験を合格すること。
それは、日本語教育能力検定試験です。
日本語教師としての能力を客観的に示すための試験であり、日本語教師の求人での応募条件として合格していることが必須となっていることは珍しくありません。
この試験にさえ合格していれば、教える相手も場所も、選択肢はすごく広がります。

 

ただし、この試験は難関です。
年に1回行われますが、毎回の合格率は約25%を推移。
合格しているのは4~5人に1人しかいません。

 

この日本語教育能力検定試験以外に、日本語教師関係の試験はありません。
420時間講座と言うのがありますが、これはただ講座を受けるだけなので、客観的な能力の証明としては弱いです。
日本語教師を目指すのにより楽な方法としてこの講座を選ぶ人も少なくありませんが、就職でのアピール効果が高いのは日本語教育能力検定試験の合格。
どうせなら、より就職に繋がる日本語教育能力検定試験の合格を目指すべきでしょう。

 

勉強方法は独学、通学、通信講座が主な3つ。
しかし難関試験を独学で目指すのは時間にたっぷりと余裕がある人しか向いていませんし、通学は費用面で難ありな人がいるでしょう。
一番バランスが良いのは通信講座。
通学の半額以下で受講できる上に、合格までのサポートも充実しています。
詳しくはこちら⇒日本語教育能力検定試験の通信講座について