海外で働ける職業 日本語教師

活躍の場は世界中に存在

日本語教師は日本で外国人を相手に日本語を教えると言うイメージがあるかもしれませんが、海外で現地の人向けに日本語を教える形でも働ける職業です。
日本に英会話スクールがあるように、日本語スクールがある海外の国はたくさんあります。
アメリカを中心とした英語圏はもちろんのこと、台湾や中国などのアジア、さらにはドイツやフランスなどのヨーロッパにも。
日本語教師と言う職業は、世界中で活躍できるのですね。

 

海外に行くきっかけは色々あると思います。
自分自身が海外に憧れ、現地で働きたいと考える人はもちろん、家族の赴任先が海外でと言う人もいるでしょう。
特に後者の場合、現地で仕事を探すのには苦労するもの。
働く必要がなければ良いですが、長くその土地に住むようなら、何か仕事を持った方が充実した生活ができます。

 

そんな時、日本語教師としての知識と能力があれば役に立ちます。
直接法と言って日本語を使って日本語を教える方法があるので、現地の言葉を話せる必要がないと言うのも魅力的。

 

ただしそれには、やはり専門的な勉強が必要不可欠。
日本語を話せることと日本語を教えられることはイコールではありません。
海外で日本語教師になることを見据えるなら、しっかりとそのための勉強をして備えておきましょう。

 

最も気軽に始められるのは、日本語教育能力検定試験に合格するための勉強です。
日本語教育能力検定試験は日本語教師として働くための能力の有無が問われるもの。
年齢学歴関係なく誰でも受験できます。
通学や通信講座がたくさんあるので、あなたに合うスタイルで勉強を始めましょう。